ファイルメーカーとアクセスの違いを比較。filemaker vs Access使い易いのはどっち

比較!ファイルメーカーとアクセスの違い

FilemakerとAccessとの違い

覚えるのが簡単!

 ファイルメーカーは、基本的なデータベースのテンプレートと直感的でグラフィカルなインターフェースのおかげで、初めての方もすぐに使い始めることができます。
 一方アクセスは、ユーザインターフェースの設計がより難解です。データベース制作が初めての方にとって学習曲線の初期値が高くなります。

プラットフォーム

 ファイルメーカーはクロスプラットホームでありWindows、Macの両方で使えます。また、FilemakerGoを使えば、iPhone、iPadでもファイルメーカーで作ったオリジナルのソフトを動作させることができます。

デザイン性・操作性

 ファイルメーカーは、アクセスと比較してより優れたデザイン性・操作性のインターフェイスを作ることができます。
 また、ファイルメーカーでは、すべての情報に、フォーム、リスト、表の表示形式が自動的に作られます。データベースのレコードに関連付けられた Webページをライブで閲覧できます。データが変更されると Webページも更新されます。

WEB公開・拡張性

 ファイルメーカーでは、データベース・ソリューション全体を、ワンクリックで Web に公開できます。追加のソフトウェアは必要ありません。また、FileMaker Pro は最大 9 の同時接続クライアントをサポートします。 FileMaker Server Advanced を追加すれば、最大 999 のクライアントが同時接続できます。
 一方、アクセスは専用サーバーがなく、20 以上のユーザがいると、最適なパフォーマンスを得られません。

AccessとFilemakerの機能比較表

比較項目AccessFilemaker
使い始める時の簡単さ修得に時間がかかる覚えるのが簡単!
利用できるデバイスWindowsのみWindows、Mac、iPhone、iPad
デザイン性能劣る優れる
自動化機能  VBA(難しい) スプリクト(比較的易しい)
WEB公開不可可能
データベースの容量2ギガバイト8テラバイト
解説本など情報量多い少ない

以上の理由をご確認いただければ、なぜ FileMaker が世界の代表的な“使いやすい”データベースで、専門家から贈られる数々の賞を受賞しているのか、おわかりいただけるでしょう。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional